女性

ほうれい線を消す秘訣を知る〜若々しさアップの極意〜

あるとないとでは大違い

加齢により濃くなるもの

中年女性

左右の鼻のワキから唇の端にかけてのびる線。これがほうれい線です。これが目立ってくると見るものにとても老け込んだ印象を与えてしまいます。とはいえ、ほうれい線はシワではなく、生まれてばかりの赤ちゃんにもある頬の境界線なので、完全に消すことはできません。しかし、目立たなくする手段はたくさんありますので、ほうれい線が濃くなってきたからといって諦めてはいけません。そもそも、ほうれい線はなぜ目立ってくるのでしょうか。ほうれい線が目立ち始めるのは一般的に30代後半ごろからです。これは加齢とともにお肌の水分量が少なくなり、ハリが失われた結果、たるみが生まれます。このたるみがほうれい線がくっきりとしてしまう原因なのです。その他、体の歪みやむくみ、片側だけで噛むことによる顔の変形など様々な要因も考えられます。これらを改善することにより、濃くなってしまったほうれい線を消すことが期待できます。メイクでは簡単に消すことができないどころか、つい厚塗りになってしまった結果、ファンデーションがほうれい線に入り込みますます事態が悪くなってしまうことがありますので、原因から改善していくのが最善策です。

エクササイズで改善

日々の対策としてできるのが、お肌の乾燥を防ぐことです。乾燥による小ジワはほうれい線が目立つのを助長します。徹底した保湿を心がけましょう。そして食生活や睡眠不足などの基本の生活習慣はもとより、無意識に行っている日常の悪い習慣を見直してみることが大切です。体の歪みのもととなる、頬杖や片側噛みを行っていないかチェックしてみましょう。これらの事と併せて取り入れたいのが体操やストレッチです。濃くなってしまったほうれい線を消すと人気なのが舌回し体操です。これはテレビや雑誌でも紹介されて巷で話題となっています。口を閉じたまま歯に沿って舌を左右に回すというものです。これによって、普段使わない表情筋が鍛えられ血行もよくなります。左右同じように動かすので顔の歪み改善も期待できるのです。ネットで検索すれば1日に行う回数などの詳しい情報がたくさん掲載されています。体の歪みを元から正し、肩こりやむくみを解消することがほうせい線が濃くなることの予防や改善にも繋がります。積極的に運動や入浴、ストレッチを行うことが効果的です。顔の調子が良いと気分まで良くなるものです。日々の心がけで改善していきましょう。