笑っている女性

ほうれい線を消す秘訣を知る〜若々しさアップの極意〜

あるとないとでは大違い

中年女性

ほうれい線は生まれたときからある頬の境界線です。様々な要因でたるみが生じ、年と共に目立ち始めます。これが目立つと老けた印象になります。メイクでは消すことができません。生活習慣の見直し、エクササイズで改善ができますので、日々取り入れていきましょう。

美しい肌でいるためには

鏡見ている女性

ほうれい線ができる原因は主に加齢であるということがわかりました。女性はいつまでもきれいで美しくありたいと思う方が多いと思うので若うちからケアと顔体操を行い、ほうれい線を消すようにすることが大切である。と思いました。

見た目の年齢を若くする

施術中

ほうれい線を整形で消す場合は、ヒアルロン酸の注入やスプリングスレッドなどの施術を受けてみましょう。化粧品やサプリメントなど整形以外の方法も同時に行なうと効果がより長持ちするでしょう。

顔の美容

女性

顔の皮膚トラブル

顔に現れるしみやしわなどの多くは加齢と、紫外線の影響で起きています。人間の体内では、生まれてから成長期にかけて、活発な新陳代謝が行われています。しみの原因となるメラニン色素が肌の下に生じても、新陳代謝が活発な内はどんどん細胞が生まれ変わるため、しみは出来にくいようになっています。また、紫外線の影響を受けて細胞が障害されても、同じようにどんどん細胞が生まれ変わるため、新しい細胞に置きかわることでその影響が出にくくなっています。ところが、成長期が終了した後は、体内の細胞の生まれ変わりのサイクルは少しずつ遅くなっていき、コラーゲンの生成も少なくなっていきます。コラーゲンの生成が少なくなることと、紫外線の影響を受けて障害を受けた組織が、水分の保持が出来なくなり、しわが出来やすくなります。また、水分の保持が出来なくなるだけではなく、コラーゲンの繊維も断裂して皮膚全体を支える力が無くなるため、ほうれい線などが出来やすくなるのです。紫外線量は増加しており、今後はそれに伴う皮膚トラブルも増えると予測されます。

美容整形外科でできること

ほうれい線やしみなどが顔にあると、目立つ位置だけに年齢より上に見られてしまう場合があります。このため、ほうれい線やしみを消すことが、女性のみならず男性にとっても重要な関心ごととなっています。しみを消すには、美容整形外科などでレーザー照射を行うのが一般的になっています。時間もそれほどかからず、小さいしみであれば腫れや赤みもあまり目立たないため、人気の施術のひとつです。ほうれい線を消す施術としては、いくつか種類があります。一つはヒアルロン酸やコラーゲンを、注射でほお骨の位置に注入する方法です。ほお骨の位置が高くなるため、たるんだ皮膚組織が引っ張られてほうれい線を消すことができます。また、皮膚の下に糸を入れて引っ張るという方法もあります。これは、下あごの方から耳の方へ斜めに糸を入れ、下から上へ皮膚組織を引っ張るというものです。ヒアルロン酸やコラーゲンは、注入しても体内に少しずつ吸収されていくため、その効果は永続的ではありませんが、糸はもっと長く効果が持続するため、人気があります。

顔の印象

考えている女性

ほうれい線があることで、老けた印象を与えてしまうことがあります。ほうれい線ができる原因は様々なことが考えられます。コラーゲンの含まれた食材の摂取、エステ、整形外科などによってほうれい線を消すことはできるのです。

年齢と肌のケア

笑顔の女性

加齢によってシミ、たるみ、ほうれい線など出てきますが、普段の生活の中で上手にお手入れし、いつまでも若々しさを保ちたいものです。特にほうれい線は1度できてしまうと消すのは大変ですが、舌回し運動や箸を加えるフェイササイズなどで、もともとの筋力は鍛えられます。諦めないで、今から始めましょう。